ネイティブモバイルビデオ広告はモバイルビデオ広告の増加トレンドにつれ、より大きくなると予想されます。e-マーケッターは、アメリカでのモバイルビデオ広告の支出が去年80.6%成長したうえ、2019年まで約70億ドルに至ると報告しています。 more

ンフィード広告は最もよく知られたネイティブフォーマットです。有名アプリのインフィードやタイムライン(ソーシャル・インフィード)、商品リスト(オンラインコマース・インフィード)、またはコンテンツボード(コンテンツ・インフィード)に挟まれた広告がそれです。多くのアプリユーザーに広告を露出すると同時に、当アプリの形式や機能に合わされています。 more

ネイティブ広告はモバイルゲーム内で、製品やブランド、そしてコミュニティ・チャンネルを広報する立派な方法です。モバイルパブリッシャーは伝統的広告ネットワークを迂回して各アプリのコンテクストに合った広告を作り、それによってユーザーのための自然な経験を提供、広告とのインタラクションが購買者への投資返還を保証することで、広告から利益が得られます。 more

データはデジタル広告を持続させ、より多くのマーケッターが広告キャンペーンターゲッティングの時、ユーザデータに依存しています。2015年、イギリスとアメリカのデジタルマーケッター達の最優先順位はユーザへの深い理解をベースにして、キャンペーンを作ることでした。パブリッシャーがアプリユーザに対するデータを使うと、適切なターゲッティングが設定しやすくなります。 more

モバイル上でネイティブ広告がどんどん広く活用されていますが、相変わらず共通的な批判が一つ残っています。パブリッシャーと広告主に成功が計りにくいということです。しかし、モバイルネイティブ広告の証拠は存在します。ブランド、エージェンシー、パブリッシャーの約22%はネイティブ広告の効果に疑問を持ったため、ネイティブ広告を使っていないうえ、これが現在の広告チャンネルの可能性が制約になっています。ところが数多くの研究結果が、ネイティブが一般的なフォーマットより効果的だという事実を示しています。本当にみんなの足手まといになっているのは何なのでしょう?モバイルネイティブ広告は人々の考えより、非常に測定しやすいです。 more

モバイルウェブはモバイル経済で、過小評価される部分です。SmartInsightsが、モバイルウェブがモバイル使用量のわずか11%(アプリが89%を占めるのに比べ)を占めるということを表すにもかかわらず、グーグル・インサイトはユーザーが買うべきアイテムを探す時、モバイルウェブの方がアプリより非常に大きな影響を及ぼすことを表しています。 more

正直に言って、ネイティブ広告とプログラマチック・バイイングは、あまり似合いません。表面的に、この二つの結合はユーザー経験最適化や標準化の対立、量と質の対立として表れます。しかし、多くのアプリ・パブリッシャーやブランドがまだ気付いてないことがあります。ネイティブ広告とRTB(リアルタイム入札)の統合は可能で、モバイル広告界の標準になるはずです。 more

ネイティブアドは、広告という分野では消費者とエンゲージメントするための、一番とは言わないまでも、最も効果的な方法の一つとされています。ここに存在するエンゲージメントと的を絞ったフレームワークによって、ネイティブはマーケターやユーザにとって成功する状態になっています。しかしすべてのネイティブアドが同じように作られている訳ではありません。 more

およそ1年前、ほとんどのマーケッターにネイティブ広告は相対的に新しいものでした。実際、いかにも新しかったので、2014年7月のポスティングで、私達の考えるモバイル・ネイティブ広告とは何なのかをまとめたことがあります。あの時点までも定義がはっきりしていなかったため、明確な説明が必要だと判断したわけです。 more

ネイティブアドという言葉がメディアに登場する時、a) FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアチャネルのインフィードアド、またはb) ニュースのスポンサー付きコンテンツやPR記事、いずれかを思い浮かべるでしょう。これらはもちろんネイティブアドのもっとも一般的な形式ですが、モバイルネイティブアドはアプリやモバイル、オンラインウェブサイトに適用可能なフレームワークとして誕生しました。 more