ンフィード広告は最もよく知られたネイティブフォーマットです。有名アプリのインフィードやタイムライン(ソーシャル・インフィード)、商品リスト(オンラインコマース・インフィード)、またはコンテンツボード(コンテンツ・インフィード)に挟まれた広告がそれです。多くのアプリユーザーに広告を露出すると同時に、当アプリの形式や機能に合わされています。

ところでどのプラットフォームがインフィード・モバイル広告の提供に適切なのでしょう?それから、パブリッシャーにはインフィード広告の効果を極大化するため、どのようにアプリが開発できるのでしょう?ここでインフィード広告の事例をいくつか調べてみることにします。

フェースブック・インフィード・ネイティブ広告

フェースブックインフィード広告はモバイル広告ビジネスの内、最もよく知られています。このようなネイティブ広告はフェースブック・インフィードを詰めながら、数十億ドル以上の収益を納めています。この広告は多様で効果的なので、顧客誘致からリターゲッティングに至るまで、様々な目的に適合しています。

このようなフェースブック広告の成功要因はターゲッティング品質です。広告主には人類統計学的情報、位置情報、興味、機器類型など、フェースブックが提供する莫大な量のユーザー詳細データが活用できます。

単一イメージ、キャラセルイメージ、自動再生動画など、デベロッパーに提供される無数フォーマットと結合されたフェースブックのインフィード広告は、インフィードソリューションを求める広告主に最適のソリューションとして収まりました。

重要なチップ: より多くのデータを集めるほど、広告主により良いターゲッティングオプションが提供できます。より大きなターゲッティング潜在力を通して、広告主にはより細かくユーザが区分できるので、このような広告スポットはより高い単価で販売できます。

インスタグラム・インフィード・ネイティブ広告

インスタグラム上に広告が登場したのはフェースブックからの努力の派生です。去年中半期に一部の広告主に開放され、2015年秋、皆にオープンされました。インスタグラムは親会社のフェースブックに大きなシナジーを創り出しています。

フェースブックと同じターゲッティングオプション、それから似たようなフォーマッティングオプションを誇り、フェースブック広告キャンペーンをいくつか運営する人なら誰でもインスタグラムのツールが楽に思われるはずです。

プラットフォームの違いは、顧客やクリエイティブで現れます。インスタグラムのユーザはもう少し少ない4億くらいです。サイトに載せられるユーザのイメージポストは、だいたい高いクオリティーで、これは広告主もそのクオリティーを維持しなければいけないという意味です。少ないユーザ数にもかかわらず、インスタグラムは有望なプラットフォームで、研究の価値があります。

重要なチップ: アプリ上で広告インベントリの類型をデザインする時、ユーザを考慮しなければいけません。インスタグラムの場合、ユーザは強烈なグラフィックコンテンツを期待するため、ユーザの期待に合わせ、広告スポットUIと似合った広告を提供するべきです。

ツイッター・インフィード・ネイティブ広告

ツイッターはフェースブックやインスタグラムに比べ違った環境を提供します。ツイッターインフィードで見られるカードベースクリエイティブ形式はライバル社と似ていますが、プラットフォームの特性上、広告コピーと行動方式が適切に適用されなければいけません。

クリエイティブを載せる時、140字制限、リンクが追加される際は117字に制限される特性があります。ネイティブ広告の潜在的ソーシャル露出範囲を最大化するため、関連のあるハッシュタグを含まなければいけないし、広告コピーは強烈でなければいけません。

プラットフォームのリアルタイム特性に適応することもまた重要です。ツイッター使用は全て現在に関したことです。ユーザは特定な瞬間、特定なコンテクストに参加します。なので、製品それ自体よりは特定な瞬間を広告するべきです。尚、ツイッター広告はイメージや動画をサポートするため、インフィード広告にこのような要素が活用できます。

重要なチップ: ユーザがアプリ上の広告インベントリとインタラクションするタイミングを考慮しなければいけません。

ピンタレスト・インフィード・ネイティブ広告

このリストで一番小さいプラットフォームであるピンタレストは毎月10億人が使っているプラットフォームで、他のプラットフォームにはないものがあります。それはアップルの承認です。

プラットフォームのリッチピンオプションの派生物であるプロモーションピンは、広告主が追加情報(例: アプリストアリンクやマップ)を特徴にした広告を作り、より多くの顧客に広報できるようにします。

モバイルマーケッターのための大きな長所は、ピンタレストは可能性に比べ単価が低いということです。ピンタレストのフォロワーが多い会社は、無料リッチピンを利用し、広告費を使わなくても消費者に露出できます。アップルとの2015年のパートナシップ以降にできた「App Pin」機能を考慮すると、ピンタレストはクパチーノ認証を受けた、数少ない会社の一つです。

ピンタレスト広告において最も大きな問題は値段です。CPC、またはCPM広告だけが提供され、CPI

方式で安全に広告することができません。また、ターゲッティングオプションが限られ、皆さんの商品、またはアプリやプラットフォームの主なユーザである女性顧客がマッチする必要があります。

重要なチップ: 広告スポットをデザインする時、他のプラットフォームとの連携を考慮しなければいけません。マップのような補助プラットフォームとの連携を通じ、広告経験およびアプリのユーザ経験が改善できます。

前のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です