ネイティブアドは、広告という分野では消費者とエンゲージメントするための、一番とは言わないまでも、最も効果的な方法の一つとされています。ここに存在するエンゲージメントと的を絞ったフレームワークによって、ネイティブはマーケターやユーザにとって成功する状態になっています。しかしすべてのネイティブアドが同じように作られている訳ではありません。

2014年10月のPolarのレポートによると、イギリスとアメリカでは、ネイティブアドはデスクトップよりもモバイル上での方がより効果を発揮しました。

デスクトップではネイティブアドのCTRが0.15%に達するのに苦戦したのに対し、スマートフォンでは見事な0.28%、タブレットでは0.27%のCTRを達成しました。スポンサー付きコンテンツのセッション時間で見てみると、スマートフォンユーザが平均3分45秒ネイティブコンテンツを閲覧したのに対し、デスクトップでは2分に止まりました。

なぜモバイルネイティブアドはデスクトップ広告に比べてここまでパフォーマンスがいいのでしょうか。我々の考える4つの理由がこちらです:

1) モバイルの方がよりオーディエンスを獲得している

そもそも、モバイルのオーディエンス数がデスクトップを上回っています。

SmartInsightsのレポートによると、モバイルのオーディエンス数は2015年末までにデスクトップに比べて2億人以上多くなると推測されています。また、モバイル機器に触れる時間はずいぶん前にデスクトップ/ラップトップを抜いています。またこのレポートでは、SmartInsightsは2014年から平均的なユーザは1日に、PCよりも長い時間モバイル機器に触れているというKPCBのデータを引用しています。

つまり、モバイル上のネイティブアドは、単純にPCに比べて、より長時間より多くのユーザの目に触れているということになります。

2) ネイティブのコンセプトにはモバイル機器が合っている

モバイルの方がユーザ数で勝っているとは言っても、これが唯一の、もしくは主なネイティブアドが成功する理由だというのは語弊があります。AppLiftが指摘しているように、数が成功の定義だという時代はとうに終わりました。モバイルがデスクトップとの差別化を後押ししているのが、モバイル機器とPCの使い方のコンセプトの違いで、これによりネイティブアドがモバイルで成功しているのです。

あなたがPCを使う時のことを考えてみてください。私は今これを書くためにPCを使っていて、ワードを起動し、記事を探すためにウィンドウがいくつか開いています。ソーシャルメディアアカウントを管理するためにTweetdeckのようなツールにも手を出している間にも、デスクトップは主に生産性といくつかのゲームのためのプラットフォーム担ってしまっています。つまり、デスクトップのスペースは集中するために作られたものになっているのです。

一方モバイルはあなたの日常に常に浸透しています。The Mobile Commerce Revolutionの中で、著者のTim HaydenとTom Websterは、モバイルユーザが 自分の機器に対して“親密な期待”を抱いている事実について下記のように説明しています:

“ほとんどのユーザが機器(スマートフォン)をトイレに持ち込んでいます…そして何人かのスマートフォンユーザは、セックスの最中でも電話やメール、ソーシャルメディアの通知に反応するという研究結果をご紹介しました。”

つまりモバイル機器はより個人的でプライベートな状態で使用されているのです。その結果、広告は消費者によりリーチしやすい状態になっています。仕事や何かに集中しているところを中断させるのではなく、彼らの個人的な時間に表示させることができます – ユーザに最も合った広告を作ったものが本当の効果を得られるのです。

3) モバイルネイティブアドのフォーマットが成功しているため、昔の業界にも取り入れられている

一般的に、デスクトップ広告はモバイル広告に比べて苦戦しています。2015年4月のe-marketerのレポートでは、モバイルとデスクトップ両方で使われている主要な広告フォーマットのうち3つが、明らかに小さいスクリーンで成功していることを示しています。広告のブロックが伸びていて広告主が最大で年220億ドルも払っていることを考えると、広告主が最大で年220億ドルも払っていることを考えると、モバイルがマーケターの心をつかみ続けているというのは、少し驚きです。これは同様にネイティブアドにも当てはまります。

モバイルの親密で個人的な体験と、増加している向上するモバイル機器の画面のクオリティに合うようなデザイン性の高いネイティブアドが組み合わさると、広告主のCTRが向上するというだけの話に止まりません。モバイルネイティブはその他のビジネスも変化させています。

モバイルゲームネイティブアドの成功の秘密にならって、メディア業界も課題を抱えています; Facebookはネイティブチームの成功に続き、モバイル利用を第一に考える会社としてブランディングし直しました; モバイルネイディブアドのROIに集中することにより、間接的にBuzzfeedのようなコンテンツマーケティングネイティブプロバイダーは影響をより正確に測定するように迫られています

モバイルネイディブアドの強みはそのパフォーマンスだけではありません; 広告プロバイダーの狭い範囲の先にある業界への影響が強まっています。

4) モバイルネイディブアドは非常にパーソナライズされたターゲティングで有効になる

最後に、モバイルネイディブアドがデスクトップを打ち負かしているのは、体験のパーソナライズがどんどんと効果を増す追跡エコシステムと組み合わさっているからです。デスクトップの方がモバイルよりもトラッキングの有利なスタートを切りましたが、すでにその有利さは失われてしまいました。マーケティングファネルやコンバージョン最適化ツール、クッキーでの統合トラッキングシステムが何年もありましたが、業界の急速な成長によりモバイルもすぐに追いつき、EUのような団体がユーザにクッキーの存在を認知させたことにより、その効果性は減少してしまいました。

一方モバイルはますます力をつけてきました。一つの中心となるトラッキングIDを導入するのに苦戦している間に、何百万ものユーザが生成した膨大な量のデータが、開発者がユーザをトラッキングし、アプリの成功に誰が重要となってくるかを見つけるための洗練されたダッシュボードやツールの成長を後押ししてきました。

結果として特にネイティブツールを使っている広告主は、マーケターが適切なユーザを見つけられるためのよりよいソリューションを作らざるを得なくなりました。興味の範囲でユーザを識別することのできるFacebookのターゲティングダッシュボードは非常に洗練されたソリューションですが、マーケターが自社製品に適したユーザを見つけるための、より広い傾向を提示しています。

これはモバイルネイティブアドに最適です。マーケターはアプリに適したユーザのサンプルを特定することができ、オーダーメイドのネイティブアドの強みを生かすことができます。主要なデスクトップサイトに広告を出して話題になることを願うよりも、モバイルネイディブアドのほうがターゲティング効果によって大きな効果をあげます。

The West Wingの最終シーズンでJosh LymanがLeo McGarryに教えられたように、“戦略がすべての鍵を握る”のです。そしてモバイルネイティブアドでは、プラットフォームでのターゲティングの質によって、デスクトップよりも効果的に、どの扉を閉めて、どの扉を開けるのかを答えを出すことができるのです。

 

前のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です