モバイルネイティブビデオ広告:皆さんの知っておくべきこと

ネイティブモバイルビデオ広告はモバイルビデオ広告の増加トレンドにつれ、より大きくなると予想されます。e-マーケッターは、アメリカでのモバイルビデオ広告の支出が去年80.6%成長したうえ、2019年まで約70億ドルに至ると報告しています。

ところがネイティブモバイルビデオ広告とは正確に何でしょう?それから、この新しいが発展の早いチャンスがモバイル広告主やパブリッシャーにどのように活用できるのでしょう?皆さんに興味深いネイティブ広告のアプローチについて説明したいと思います。

ネイティブモバイルビデオ広告とは?

伝統的なモバイルビデオ広告は一般的に長さ15-30秒の動画で、デベロッパーによって数多くの別のネットワークや内容をベースにして使われます。このような広告の中には、ユーザと動画のインタラクションを強制する方式もあります。ユーチューブビデオを見る前に流れる、スキップのできない広告がその例です。

一方、モバイルネイティブビデオ広告は選択されたアプリ内でネイティブ方式で提供されます。モバイルアプリの形態や機能に自然に合わされ、ユーザ経験を棄損しないで、だいたいユーザインタラクションまでは削音でオートプレーされるのです。

このような接近は興味深いストーリーを聞かせ、自然にユーザの興味を引くビデオコンテンツと相性がいいです。つまり、明確なメッセージや創造的でクリエイティブなアイデアの持った、例えばフェイスブックのようなブランドがモバイルネイティブビデオ広告に効果的に配置されるということです。参加は強制ではない、ハイクオリティのコンテンツで現れます。

Mobile Native Video Advertising

なぜネイティブモバイルビデオ広告を使うのか?

簡単に言って、ネイティブモバイルビデオ広告は色々な要因をベースにして、他のモバイル広告より良いパフォーマンスを見せます。

ネイティブビデオ広告のパフォーマンスを他のビデオ広告と比較して見ましょう。Sharethrough and Nielsenのレポートによると、プリロール形式に比べ、ネイティブビデオ広告によるブランドの認知度アップの方がより高いそうです。

尚、comScoreは、消費者達は伝統的モバイル広告の方より、ネイティブモバイルビデオ広告はを見た後の商品リコール、推薦、購買の傾向があると結論を出しました。

ネイティブモバイル広告が良いパフォーマンスを見せる理由は、拒否感のないフォーマットだからです。 Mobile Strikeのこの広告例示が見せてくれるように、ネイティブモバイルビデオ広告は、無理やりアピールせずに皆さんのブランドや製品の素晴らしさを説明してくれる、興味深く説得力もある、ナチュラルな方法です。

Mobile Native Video Advertising

ネイティブビデオ広告はどんな問題に直面するか?

ネイティブモバイルビデオ広告にははいくつかの問題があります。技術的観点から、他のアプリやOSで、別の方式でプレーされるビデオは経験の一貫性を害することがあります。

例えば、標準アイフォンソフトウェアには全体画面プレー機能が含まれていません。従って、アプリストアで提供されるユーチューブアプリは独自にこの機能を内蔵しています。これは究極的に、アイフォンからフェイスブックのインフィードモバイルビデオ広告とインタラクションするユーザは、画面全体がコンテンツで詰められることが見られるという意味です。

モバイルネイティブビデオ広告の利益のため、使用者を邪魔しないアプローチ方式が標準になっています。そうなるまで、インフィードオプションは本当のネイティブ原則と反対方式でユーザの気を紛らわすはずです。

また、使用者がモバイルネイティブビデオ広告キャンペーンと意味のあるインタラクションをしたかの測定が難しいです。広告をただ見ることと興味を持って見ることが違います。あるユーザは自分のフイード(露出)で広告ビデオをスクロールするが、実際には広告(ビュー)とインタラクションしていないかもしれません。従って、CPMのような露出ベース広告モデルは現在使われているKPIを歪曲することも可能です。

良いニュースは、業界でトラッキング問題を解決するため努力しているということです。スナップチャットが広告キャンペーンに対するパフォーマンスデータを提供し、Nielsenに手を貸すことに参加している間、インスタグラムは動画ビューを投入する、素早い反応を見せました。この統計がネイティブビデオを考慮し、調整されない場合、これは問題になります。

IABは一時ビデオデータを伝送していたVAST XMLスキーマを承認しました。スキーマはまた、広告主に曖昧な露出の代わり、有意味なKPIビューが測定できるように(例:視聴完了率や視聴長さ)ピクセルトラッキングを許容しています。

Mobile Native Video Advertising

ネイティブモバイルビデオ広告購買に関して知っておくべきことは?

皆さんの知っておくべき第一は、ネイティブモバイルビデオ広告を購買する方法です。それからいいニュースは、プログラマチック方式でインベントリが買えるということです。最近ベールの脱がされたグーグルのネイティブプログラマチックオファーのようなプラットフォームは、皆さんに効果的に客を確保し、ネイティブモバイルビデオキャンペーンを拡張できるようにします。自動化の利点を犠牲にしないで、ネイティブの利点が取れるように助力するのです。

皆さんの知っておくべき第二は、ネイティブモバイル広告をどこで購買するかです。最も一般的にはフェイスブック、インスタグラム、ツイッターのようなソーシャルサービスのニュースフィードで、どれもプログラマチック方式購買が可能です。また、ネットワークからモバイルネイティブビデオ広告を買うこともできますが、皆さんの買える量やトラフィッククオリティーは、ネットワークがネイティブビデオをどう処理するかに限ります。

それから購買者のための最後のチップで、モバイルビデオネイティブ広告の単価はeCPM5-10ドルの間だと考えるといいです。皆さんの得られる値段は購買トラフィックのクオリティーやアプリタイプ、購買者などの要素によって変わりますが、その数値が有用なベンチマークの役割をするはずです。

良いネイティブモバイルビデオ広告制作のための重要なチップは?

良いモバイルビデオネイティブ広告を作るには、モバイル消費パターンに注意を向けなければなりません。特に小さいデバイス、短い興味周期、別のアプリでの別コンテクストは、皆さんのクリエイティブをデザインする方法の中で大きい役割になるはずです。

つまり、モバイルネイティブビデオに適応するおしゃれなビデオ広告デザインに対するオペラの重要なポインターが4つあります。でかいコールトゥアクションボタンや削音でプレーされるビデオデザインを含んだアドバイスは平凡に聞こえますが、theTrainlineのビデオや、 Deadpool gameのトレーラーのような例は、このような原則が数多くのコンテクストで適応可能だということを示します。

ネイティブモバイルビデオ広告の未来は?

未来はいつも予測しにくいですが、ネイティブモバイルビデオ広告の経路を形成する可能性がいくつかあります。

第一は新たな技術です。例えばモバイルVRは、フェイスブックのいいねに360度ビデオ広告を導入し、これは広告主は挑戦的ながらも没入への潜在力のあるフォマットを提供するため、完全に分離されたキャンペーン制作を考えなければいけないかもしれないという意味です。

第二番目要因は新しいプラットフォームを、それとも今のプレーヤーをどう開放するかがマーケットに影響を及ぼすということです。Periscopeのようなサービスが広告主にネイティブビデオ広告にライブストリームを流すチャンスを提示する間、スナップチャットが最近公示したディスカバービデオ広告はモバイルネイティブビデオの広告主達に特定チャンネル(例えば、IGNやVice)に合ったコンテクストを強制的に適用させるかもしれません。

第三に、アドブロックがますますモバイルウェブの標準になっているように、ネイティブモバイルビデオ広告も繁盛するはずです。ネイティブモバイルビデオ広告はアプリ内蔵型なので、ユーザの設置したアドブロックや、ネットワークレベルでのブロッキングに防がれません。これは、相対的に邪魔なく成長できるという意味です。

最後に、我々はモバイルネイティブビデオ広告に大きな潜在力があると信じています。現在は有意味なビデオKPIの効果的な測定が難しく、ノーハウの足りないことが障害になっています。しかしフェイスブックのようなソーシャルサービスのフォーマットサポートや、強力なビデオコンテンツ制作方式を先導するブランドが共にあるなら、ネイティブビデオ広告は非常に近い未来にパフォーマンスし始めると思います。

前のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です