正直に言って、ネイティブ広告とプログラマチック・バイイングは、あまり似合いません。表面的に、この二つの結合はユーザー経験最適化や標準化の対立、量と質の対立として表れます。しかし、多くのアプリ・パブリッシャーやブランドがまだ気付いてないことがあります。ネイティブ広告とRTB(リアルタイム入札)の統合は可能で、モバイル広告界の標準になるはずです。

それでは、何故広告主とパブリッシャーがモバイルネイティブ広告にRTBを活用することが、賢明なのでしょう?

ネイティブ広告を購買することで、ブランドが効率性と有効性をプログラマチック方式で結合できるようにする

ディスプレー広告は完全に標準化されたけど、その効果は大きくありません。飛行機事故で生き残るか、エベレストの頂上に登れる可能性より、バナー広告をクリックする可能性の方が低いことを考えると、ユーザーターゲッティングにおいて、より良い方法があるはずです。

ネイティブ広告は周りのコンテンツと完璧に調和します。消費者はこれを買いなさい、と言われたがらなく、ネイティブは周りの環境の拡張のように行動します。なのでネイティブの参加度や転換度はバナー広告より非常に高いです。インターネット使用者の70%は、既存の広告方式ではなく、コンテンツを通じて製品情報に接します。また、ネイティブ広告はバナー広告より53%高いヴューを見せ、使用者を邪魔しない特徴が党ブランドにより肯定的な認識を持たせます。

OpenRTBバージョン2.3は、モバイルネイティブ広告の標準化レベルを引き上げ、これを通じて広告主がRTB入札をすることで、より多くのハイクオリティのインベントリーが買えるようになりました。このバージョンは共通言語を提供することで、デベロッパーにRTBのための拡張性のあるネイティブ広告が構築できるようにサポートします。ネイティブ広告は単一ファイルのディスプレー広告とは違い、様々な要素(メタデータ)で構成されているので、大単位の入札をサポートするための新しいオブジェクトが構築されなければなりませんでした。

今回のアップデートはOpenRTB 2.0以来、最も大きい変化を起こしました。入札ストリームを通じて、露出内のバナーやビデオオブジェクトの横に、新しいネイティブオブジェクトが位置されました。広告要求側では、この新たな標準が入札されるネイティブ広告ユニットやパブリッシャーがレンダリングすべき広告要素を描写することをサポートします。このプログラミング発展の結果、RTBモバイルインベントリーは2014年のQ4で、四半期対成長率が192%に突き上がりました。

ネイティブ RTBデータの豊かさは、広告主に魅力的です。プログラマチック・ストラテジーは決定や確率的テクニックを通じて、ブランドにより効果的に広告がターゲッティングできるようにサポートします。もちろん、これは障害要素のないネイティブ広告の長所の上に増加された転換や、一貫的なマーケッティングを説明します。

増加する標準化レベルはパブリッシャー収益を最大化する

ネイティブ広告のプログラマチック・バイイングはすでにBuzzFeed、フェースブックのようなコンテンツ・プラットフォームで活発に行われています。アメリカの上位100パブリッシャーの内、60%以上はすでにインフィード広告をモバイル・アプリやウェブで使用しています。人々はこのようなウェブサイトのレイアウトや流れに慣れていて、広告掲載位置に対した信用とROIは信じられないほど高いです。インフィード広告は一番標準化しやすかったのだが、相互作業の多いモバイルアプリ(ゲーム、メッセージング・サービス等)はネイティブ・プログラマチック・バイイングがもう少し厳しいため、まだ活発に行われてはありません。

もう一度説明すると、OpenRTB 2.3はDSPとSSPがそれらのメタデータでコミュニケーションすることや、ネイティブ広告の標準化向上をよりたやすくさせます。クリック数一致のようなプログラマチック統合要求事項はネイティブ広告の拡張を手伝います。このような標準化はパブリッシャーに大きな意味があります。広告主達がより多い予算でアプリ・インベントリーを買うためです。

最終的には、パブリッシャーと広告主がディスプレーから、OpenRTB 2.3で構築されたモバイルネイティブRTBへの移動を考えるべきです。この統合の展望や到達数は、数か月内に大きく増加するはずです。

前のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です