モバイル・ネイティブ広告の未来を決める4つのトレンド

およそ1年前、ほとんどのマーケッターにネイティブ広告は相対的に新しいものでした。実際、いかにも新しかったので、2014年7月のポスティングで、私達の考えるモバイル・ネイティブ広告とは何なのかをまとめたことがあります。あの時点までも定義がはっきりしていなかったため、明確な説明が必要だと判断したわけです。

現在において、ネイティブ広告は非常に重要になりました。ネイティブ広告のモバイルやデスクトップの売出が成長するによって、マーケッター達はこの新たなコンセプトに目覚めました。2015年4月、e-marketerを対象に行った設問によると、応答者の60%がネイティブとは何なのかを明確に理解していると答えました。

Beats_1

ところが応答者の36%だけが、実際にネイティブ広告を使用したと答えたので、成長の余地は確かにあります。しかし、モバイル・ネイティブ広告の未来は一体どんな形なのでしょう?私達の考える、このスポットで期待できるものを4つにまとめてみました。

消費者とマーケッター間の信用増加

去年一年間、ネイティブ広告が目に見えて多くなったとはいえ、消費者とマーケッター達に、ネイティブの価値を完全に納得してもらうためには相変わらず信用の問題が残っています。

理論的に、ネイティブ広告は信用を築き安い形です。もちろん、全てのデジタル分野にかけてネイティブ広告が成功的に繁盛するためには、消費者中心の肯定的なユーザー経験(UX)といったフレームワークがベースとして必要です。マーケッター達はネイティブ広告を通じてどんどん、全般的に高い収益を得ています。つまり、購買観点で手伝ってくれる信用が増加したとも見られます。

しかし、モバイル・ネイティブ広告広告を、疑わないユーザー達にうまく露出すること、つまり “ジョン・オリバーの問題(John Oliver Problem)”を乗り越えるのが、ネイティブ広告の広告主達が近いうちに解決しなければならない重な課題になるでしょう。

既に、消費者の憂いを慰めるため、ネイティブ広告を表示する用語も変更されています。「ブランド・コンテンツ(branded contents)」のような明確ではない用語より、「スポンサー・コンテンツ(sponsored)」または「スポンサー広告(sponsored advertising)」のような直接的な用語が使われています。


また、ネイティブ広告に対する専門知識が増えるによって、マーケッター達の憂いは解決される可能性が高いです。エージェンシー、ブランド、パブリッシャーの29%が専門知識の不足で、26%は効率に対するデータ不足でモバイル・ネイティブ広告の使用をためらっている現状です。ネイティブ広告が持続的な成功を収めると、業界に人材が殺到し、成功例を接したより多くのモバイル・マーケッター達が、ネイティブ広告界に入ってくるはずです。

予算の増加

より広い意味のアプリ経済でのCPIがそうなのですが、ネイティブ広告予算も同じように増加すると予想されています。アメリカの場合、ネイティブ広告予算が2015年末まで6.7%増加すると予想され、2020年までは15%増加すると見られます。ネイティブ広告の成長軌道に疑いの余地はありません。

image00

理由は大きく2つです。第一に、経済全般にかけてマーケッター達がネイティブ広告に使う出費が増加します。e-marketerの設問によると、様々な分野のマーケッター達が、エンターテインメントやモバイル・アプリに続き、健康と流通分野で、ネイティブ広告を通じた大きな利益が期待できると挙げました。

次に、ネイティブ広告の評判が高まり、利用が増加するによって、費用もより上がる見通しです。ビジネス・インサイダー(Business Insider)の最近作成した記事によると、ネイティブ広告フォーマットの有用さと、バズフィードとニューヨーク・タイムズのようなチャンネルの名声が結合し、予算が全般的に増加すると見られます。

基礎的な経済常識なのですが、来るネイティブ広告の支出増加に備える価値はあります。

新しいソーシャル・チャンネルの登場

ビジネス・インサイダーのレポートによる重なキーワードの一つは、ネイティブ広告の未来に対するソーシャル・プラットフォームの重要性です。フェイスブックの数億ドルの成長が最も確実な例ですが、ユーザー数が多くて、ターゲットの詳細設定が可能な他のソーシャル・プラットフォームも、ネイティブを一段と成長されることができるはずです。

規模のあるSNSはフェイスブックの初期成功を追いつき始めています。 インスタグラムはフェイスブックのAPIを使って、イメージを通じたネイティブ広告を行っています。最近の研究によると、インスタグラムはこれにより、2015年だけに5億9500ドル以上が稼げるといいます。アップルでサポートするピンタレストのアプリ・ピンは、ネイティブ広告とアプリ・ストア管理者の関係を新たに定義するはずです。

規模のあるソーシャル企業達は既にネイティブ広告を多く行っています。より興味を持つべきところは、まだ参加していない会社です。PeriscopeまたはVineのような場合にもネイティブ広告プラットフォームになる潜在力がありますが、まだプロダクトがない状況です。このネットワークの成長や、他のプレーヤー達の持ったマーケット潜在力は、ネイティブ広告を一段と成長させるでしょう。

自動化の拡散

最後に、モバイル・ネイティブ広告スポットでの自動化は、成長のための必須条件になるはずです。

第一に、ネイティブ広告マーケットの広告主側で問題を解決しなければなりません。自動化、それから特にマーケッターに素早く簡単にネイティブ広告が行えるように手伝うダッシュボードは、まだネイティブがよくわからないマーケッター達(e-marketerによると53%)とのギャップを減らすためにも必須です。

最後に、自動化が業界全般にかけてネイティブ広告の露出を手伝うことになります。ネイティブ広告の需要が増えるによって、限定されたインベントリー内で、より多くの広告を、より効率的により多くのユーザーに提供しなければいけないというプレッシャーを慰めるはずです。

自動化は今まで挙げたトレンドの中で一番、魅力的ではない要素なのかもしれないですが、これからネイティブ広告が持続的に拡張するためには一番重要な土台になるでしょう。

前のページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です